Home>東洋美健催眠研究所>右脳学習

右脳学習はこんな方にお勧めです

この他にも様々な場面で応用が出来ると思います。自分自身の能力に限界を感じたり悩みがあるならば一度ご相談ください。

右脳開発の前にまずは右脳学習からマスターしましょう

 右脳学習(記憶)と右脳開発(速読記憶・波動速読理解)は厳密には次元が違うと考えます。基本や基礎は同じ部分もありますが、右脳開発は右脳学習に比べて時間が必要です。
 そのために、まずは右脳学習をマスターし、成績UPや苦手科目の克服、資格習得等の実利を得ながら更なるステップとして右脳開発のプランを考えましょう。

 右脳学習の基本も右脳の特徴であるイメージ・フィーリングを基本におきます。イメージの活性化ですね。私たちは見ることより聴くことの方がストレートに記憶中心部に入りますから、骨伝道としての音読であり、素読を習慣化します。その為には催眠状態に自分ですぐ入れるようにし、暗唱に於いてイメージストーリーをCAT理論で作成し、骨伝道として入力する事が理想と考えます。
 実際にこれ等の進め方により『県で一番の高校に合格した』や『真ん中レベルの成績が上位になり、もう少しで一番の高校に入れるだろう』などのうれしい報告も受けています。また、『2年間もの登校拒否を経て学校に戻った小学生が、担任の先生もびっくりするくらいの短期間で他の子供たちと同レベルまでになり、遅れを取り戻した』といった報告もありました。

 右脳学習を実践していて感じることは、小学4年生くらいからが一番早いということです。そして中学1・2年生くらいまでが理想と考えます。では高校生や大学生、社会人は無理なのかというとそれは違います。若ければ若いほどマスター期間が早いということだけです。

右脳学習のポイント

Point 1 脳の特徴を理解し生かすこと

人間の脳は左脳と右脳に分かれています。左脳は理論を理解し、記憶面では短期記憶です。反対に右脳はイメージで理解し、記憶面では長期記憶です。しかし、普段は右脳は活動しておらず眠ったままです。この右脳を開き、上手に活用することが一番の近道です。

Point 2 右脳を開く夕いつの方法が催眠です

右脳は催眠をかけた瞬間に開きます。右脳を開き活性化させた上で、重点的にどのような方法で記憶させるかにかかってきます。

Point 3 リラックス&イメージ

右脳活性化のポイントはリラックスとイメージです。催眠の中で十分にリラックスした脳はα波になります。α波が出ている状態で勉強することです。

Point 4 自律訓練法&他者催眠

自律訓練法も他者催眠も基本的にはリラックスです。自宅での勉強方法とこれ等を組み合わせます。

Point 5 目的を持つこと

催眠下で目的を達成した自分をイメージすることです。思いが強ければ強いほど形になります。これは心の傷の治療に於いても、右脳学習に於いても同じことが言えます。

右脳学習トレーニングシステム

  1. 目の動きの訓練
  2. オープンフォーカシング(意のままに正の幻視、負の幻視を操る訓練)
  3. 残像訓練(瞬間記憶、写真記憶の基本作り)
  4. ソフトフォーカシング(平面を立体としてみるための訓練)
  5. 深層催眠状態でホワイトカラーのイメージを定着させる(視覚化の定着)
  6. 深層催眠状態で速読訓練(体内振動音を活用して書き出し訓練→速読マスター(瞬間記憶、写真記憶の定着)→波動速読への移行・・・

 大きく分けて上記のような訓練を行います。これらの訓練を行うと、誰でも秀才になれるのです

当院で完治された方の紹介で来院されたあるご家族

<父>リストラ対象となり、精神的に変調をきたし来院。現在は立ち直り、別会社に就職、元気に過ごしています。

<母>結婚以来の姑の言葉のいじめが原因で、この時のことがフラッシュバックするとつい愚痴や攻撃的な言葉を言ってしまう。そのため友人も離れてしまうということで来院。現在完治し思い出してもカァーとなることもなくなりました。

<長女>他の課目は平均の成績なのに対し、国語は30〜50点。又乗り物酔いがあるとのことで来院。この場合この子の何が学習障害(ディスレクシア)となっているかを探り、そして改善・修正をし最後に刷り込みをしました・・・(続きは右脳学習症例1

右脳学習 症例 1

学力向上とは少し違いますが、「記憶力に問題がある」という中にもこういった原因があることがあります。参考までに。

右脳学習 症例 2

右脳開発について

右脳開発はとても難しいものです。その為、まずは右脳開発の手前に位置する右脳学習を学びましょう。参考までに右脳開発とはどういったものかの説明はこちらです。

<右脳開発についてはこちら>

催眠研究所TOP

サイトマップ

サイトマップ2(メンタルヘルス改善症例集)

施術法について

催眠とは

催眠療法とは

経穴経絡波動療法とは

コースについて

メンタルヘルス

ダイエット

右脳学習

料金表

問い合わせ・その他

リンク

アクセス&休日

ブログ

お問い合わせはこちらから
お問い合わせ

ガンや難病など身体の病気でお悩みの方は東洋美健波動研究所のサイトへどうぞ
癌や難病など身体の病気でお悩みの方はコチラのサイトへ

東洋美健催眠研究所 / 東洋美健波動研究所  〒319-0202茨城県笠間市下郷4411-4
TEL:0299-56-3819(携帯)070-6659-6305  メール:info@toyobi.jp  URL:http://www.toyobi.jp
Copyright©2012 東洋美健催眠研究所 / 東洋美健波動研究所 All rights reserved