Home>東洋美健波動研究所>スーパーバイブレーションとは?>スーパーバイブレーション療法症例集>スーパーバイブレーション療法p5

救霊3

この方は元々霊感が強く、霊が憑きやすいようです。
発端は芸能学校に通い始め約一年、最初は他の人に比べても素人だったので周りから侮られる感じでした。しかしだからこそ彼は日々の練習をしっかり頑張ったのです。自分でよく考え、周りの上手な方に臆せず教えを乞い、真剣に取り組んだのですね。結果、元々素質があったのかみるみる頭角を現わし、周りを追い抜き先生方からも一番の評価をいただけるほどになりました。
すると周りの人間は焦ったのでしょう、その中でも一番癖のある人間からの妬みや恨みを受け始めました。あることないことを吹聴され、本人もほとほと疲れてしまったようです。体が重い、だるい、身体がなにかおかしい、思考がおかしいと感じた彼は、最初は知り合いの霊媒師に相談しました。そこで生霊が憑いていると言われ抜いてもらい、学校を退学するよう勧められたということです。生霊を飛ばしている本人は無意識な分厄介なのです。
それでも体調が思わしくなく当院の波動療法を受けに来院されたのですが、施術中に生霊がでてきたのです。一通り生霊の話を聞きましたが、恨み妬み嫉妬だらけです。こういった場合、頃合をみて生霊を本人に返すか上に上げるかするのですが、今回は上に上げました。そして彼の体調を整え終了としました。終わった時の彼の感想は、身体と心がとても軽くなり視界がはっきりスッキリしました、とのことです。

長く続く下痢

一ヵ月半もの間下痢が止まらず、売薬を一瓶空にしても一向に止まる様子がないとのことです。病院に行こうかとも思ったようですが、その前に当院に行ってみようと思っての来院でした。
下痢も一概に悪いことばかりではありません。身体に溜まった老廃物や食べ物の残りの排泄をしてくれます。また、リンパ球が増えます。しかし一ヶ月半もの間続いているというと大変です。体力の低下、エネルギーの消耗が心配されます。
施術は一連の流れを行い、頚椎→胸椎→腰椎→仙骨→尾てい骨を調整し、すべての臓器を柔らかく元気にし、最後に小腸と大腸の調整を行ないました。
マイスネル神経叢、アウエルバッハ神経叢、ビフィズス菌、乳酸菌等の善玉菌を今の10倍に増やし、ウェルシュ菌や大腸菌に代表される悪玉菌をすべて死滅させます。
また大腸で行われるぜん動運動と分節運動を少し緩やかにし、神経伝達物質のアセチルコリンの分泌を極力抑える施術を行ないました。
一週間後に来院された時は、まだ便は柔らかいものの、下痢はだいぶ収まったとのことでした。更に3日後に来院されましたので施術を施し、少し様子を見ていただくことになりました。

波動研究所TOP

スーパーバイブレーションとは

症例集カテゴリー

Page1

Page2

Page3

Page4

Page5

お問い合わせはこちらから
お問い合わせ

東洋美健波動研究所 / 東洋美健催眠研究所  〒319-0202茨城県笠間市下郷4411-4
TEL:0299-56-3819(携帯)070-6659-6305  メール:info@toyobi.jp  URL:http://www.toyobi.jp
Copyright©2011 東洋美健波動研究所 / 東洋美健催眠研究所 All rights reserved